iTunes は糞メディアプレーヤー

ジョブズが日本製のCDプレーヤーを操作しながら「糞だな!」とつぶやくシーンが映画であったが、iTunesも同様に糞であることに違いはない。登場以来最低限の必要な備えた楽曲管理、転送ソフトとして機能していたが、安定性や操作性はアップデートを行う度に低下している。

ある日、iPhoneと同期したら古い方のプレイリストで上書きされ、時間をかけて作ったリストが消えたため憤慨してAppleにメールを送った。その数カ月後のWWDC 2019でiTunes終了のアナウンスがあった。時代の流れ云々以前にもうiTunesは捨てたほうが良いぐらい負の遺産となっていたのだと思われる。

その後もアップデートは行われているが、アップデートする度にバグが増殖して不安定になっている。
UIもアップデートする度に使いにくくなっており、もはや仕方なくiTunesを使っている状態。

先日最新のiTunes 12.9.6.3にアップデートすると、今度は同期する度にプレイリストの複製が連番で作成されるようになってしまった(笑)。転送先のプレイリストは一切手を加えていないのに。
プレイリストの更新などは、タイムスタンプで管理しておいて、もし競合してしまったら確認ダイアログを出す等の実装するだけだが、この馬鹿げた動作を見ているとそれすらもできないエンジニアが作っているのかと疑ってしまう。

まるで日本製のソフトウェアのようなレベル。

image

さらに、今まで問題なく聴けていた楽曲が「この曲は現在、この国または地域では入手できません。」というエラーで再生できなくなっていた。対処方法は、何度か同期を繰り返すこと。なぜか理由は不明だが同期に失敗して転送されたファイルで関係の無いエラーメッセージが出るらしい(笑)

image

iPhoneでまともに音楽再生ができるソフトウェアを探そうと思ったが乱立しすぎて混沌としていた。

まさか2019年にもなって音楽再生プレーヤーに苦労するとは。

 

2018/8/3

プレイリストが同期するタイミングで古い方で上書きされる不具合は残っているようで、連番で複製されたり先祖返りしたり、ファイルによっては再生できなくなったりと、iTunesがバグのオンパレードになっていて本当に笑えない。

2019年8月1日 | カテゴリー: ソフトウェア | コメント

Windows 10 1809 (MediaCreationTool1809.exe)のダウンロード

2019/8/1時点で公式からのダウンロードは1903となっている。

MediaCreationTool1809.exe を直接ダウンロードすることもできるが、セットアップツールはは最新の1903をダウンロードしてくるため意味がない。。

http://software-download.microsoft.com/download/pr/MediaCreationTool1809.exe

2019年8月1日 | カテゴリー: ソフトウェア, パソコン | コメント

機械学習のためのUdemy セール情報

現時点でのセール

Pythonで機械学習:scikit-learnで学ぶ識別入門
https://www.udemy.com/python-scikit-learn/
¥1,400 元の価格¥15,000 割引率91%OFF

【4日で体験しよう!】 TensorFlow, Keras, Python 3 で学ぶディープラーニング体験講座
https://www.udemy.com/tensorflow/
¥1,400 元の価格¥14,400 割引率90%OFF

【キカガク流】人工知能・機械学習 脱ブラックボックス講座 - 初級編 -
https://www.udemy.com/course/kikagaku_blackbox_1/
¥1,400 元の価格¥15,000 割引率91%OFF

2019年6月26日 | カテゴリー: その他 | コメント

第7世代AMD APU(Bristol Ridge) の E2-9000 とは何か

OEM向けに2016/9にリリースされたBristol RidgeはRyzenの前、Bulldozer系列の最終コアである。

ブルドーザーといえば、シングルスレッド性能が低く人気のなかった世代のCPU。

 

E2-9000 はBristol Ridge世代でありDDR4に対応する。2コア、1.8GHz、TDP 10Wという省電力向けのCPUであり性能は高くない。

Atom系列のCeleron N3060より少し良い程度の性能のためブラウジングなどでもCPUがボトルネックになる事は多い。
AMD Eシリーズは Intel Atomシリーズ程度と思っておいたほうが良い。

image

2019年6月25日 | カテゴリー: パソコン | コメント

超小型ワイヤレスミニキーボード おすすめ製品

超小型ワイヤレスミニキーボード

あると便利。複数持っていても場所を取らないのがとても良い。操作性は高くないがたまにタイプしたりする用途では最高。リビングPCやサーバー、実験用PCなどにおすすめ。

いくつかの製品があるが微妙に違うその中でも一番良かったのがYAGALA ミニキーボード。

 

YAGALA ミニキーボード ワイヤレス 日本語 2.4G タッチパッド バックライト搭載 日本語配列 92キー

    1580円

    キーボード配置や、ポインタの反応など比較的良い。「=-(ほ)」の位置だけおかしい。おしい。

    LEDのオン、オフができる。暗闇でもタイピングできて便利。一番良いかも。

image


VANGOOD 超小型ワイヤレスミニキーボード     1780円

    概ね問題ない。これも「=-(ほ)」の位置だけおかしい。おしい。Delキーが無いと思いきやFn + HomeでDelの動作。印字ミスっぽい。

image


QQPOW 日本語 ミニ 2.4GHz ワイヤレスタッチパッドキーボード

    よくない。他のものよりも少し角ばっているのが特徴

    キー配置が一部おかしくてつかいにくい、ポインタの反応も悪く、ワイヤレスの反応も悪い。半角全角ボタンの挙動おかしい

image

2019年6月24日 | カテゴリー: パソコン | コメント

← Older posts