(解決)ドライバ Intel Trusted Execution Engine Interface のエラー

ドライバ Intel Management Engine Interface のエラー

Windows 10 環境のデバイスマネージャーでこれ系のドライバが正常に動作していないことがある

Atom系のNUCやタブレットでよくある

 

"このデバイスを開始できません。 (コード 10) 存在しないデバイスを指定しました。"

"エラーコード10  : デバイスを開始することができませんでした"

インテル® トラステッド・実行エンジン・インターフェース (インテル® TXEI) のデバイス・マネージャー (コード37またはコード 28) でエラーが発生しました。

https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/articles/000005666/mini-pcs/intel-nuc-boards.html

 

原因

Windows 10 1607から 1809 にすると最新のドライバで不具合が起きるっぽい。

 

解決方法

古いバージョンのTXEドライバをいれると解決した

いったんデバイスマネージャから削除してから、ここのをダウンロードしてインストール

https://downloadcenter.intel.com/download/25236/Intel-Trusted-Execution-Engine-Intel-TXE-Driver-for-Intel-NUC-DN2820FY-and-DE3815TY?product=78953

※再起動しないと正常認識しないことがあるので再起動してから確認。

※AntecにいれていたASrock J1900 では 2.0.5.3117 をいれないと駄目だった。

https://downloadcenter.intel.com/ja/download/26189/Intel-STK1A32SC-STK1AW32SC-Intel-TXE-?product=91065

TXE_Win_64_1.1.5.1162.zip

TXE_Win_64_2.0.5.3117.zip

参考情報

https://www.tenforums.com/drivers-hardware/122402-intel-trusted-execution-engine-interface-driver.html

ここのドライバでも良さそう

https://h30434.www3.hp.com/t5/Notebook-Hardware-and-Upgrade-Questions/Intel-TXE-for-Win10-v1809/td-p/7106970

https://ftp.hp.com/pub/softpaq/sp79001-79500/sp79059.exe

2020年1月25日 | カテゴリー: パソコン | Tags: | コメント

消せないファイルを簡単に消す方法 Windows

ファイル名が長すぎたり、指定されたファイルが見つかりません。 などエラーが出て消せないファイルがある場合に強制削除する方法

面倒なコマンド不要で簡単に削除

フリーソフト FastCopy Lite の削除モードを使う

ダウンロード

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/fastcopylite/

image

2020年1月7日 | カテゴリー: ソフトウェア | Tags: , | コメント

TVRock キーワード検索の除外キーワード設定方法

not のあとに除外したいキーワードを指定することで特定のキーワードを含む番組を除外できる

例 : not ほげ

複数指定したい場合はカッコ”()”で囲んで”|”で区切れば良い。

例 : not (ほげ|ふが)

オプションは「AND」を選択して、「あいまい」をオフなどにしておけば良い

 

■特定のキーワードを含まない例

土曜.*?ドラマ not みどころ

結婚できない not (ハチエモン|まもなく)

image

正規表現が使えるため

“^ドラマ” とすれば、先頭が”ドラマ”から始まる番組名を検索できる。

2019年12月5日 | カテゴリー: ソフトウェア | Tags: | コメント

[楽天]ログインしましたか? の犯人

時々送られてくるメールで、大抵は自身のIPアドレスだがそうでない場合もある。

ご利用中の楽天会員アカウントへのログインが確認されました。

◆ログイン情報
・ログイン日時 :2019/11/28 17:26
・IPアドレス   :157.7.142.109

157.7.142.* のアドレスだとマネーフォワード。調べてみると以下の通り。

IPアドレス    157.7.142.109
分析範囲    157.7.142.0~157.7.154.255
ホスト名    bot-cijvpryy.moneyforward.com
州/地域    東京
名前 GMOインターネット株式会社

2019年11月28日 | カテゴリー: インターネット | コメント

CPU交換してChromeの画面が真っ黒になったら直す方法

CPUを交換して問題なく起動できたと思ったら、なぜかChromeだけ起動しても真っ黒に。

こんな感じでウィンドウ開くと本当に真っ黒。裏では起動しているっぽい。

chrome

描画するための ShaderCache というキャッシュが原因でCPUやGPUなど描画周りが関係するパーツ変更時に発生する症状の模様。

Chrome を終了してから、以下の場所にあるフォルダ 「ShaderCache」 をまるごと削除してから Chrome を再起動すると直った。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\ShaderCache

chrome2

 

問題なく起動。

「ShaderCache」は高速化のために計算結果をキャッシュとして保存しておくものなので削除しても動作に影響はない。

起動時に自動的に作成される。

chrome3

2019年11月14日 | カテゴリー: ソフトウェア | コメント

← Older posts