C# と ADO と SQLite についてのメモ

ADO(ActiveX Data Objects) PHPのPDOみたいなもの。
■ SqlDataAdapter クラス (System.Data.SqlClient)
 DataSet へのデータの格納および SQL Server データベースの更新に使用
■ SqlConnection クラス
SQL Server データベースへ接続する
■ SqlCommand クラス
 SQL Server データベースに対して実行する Transact-SQL ステートメントまたはストアド プロシージャ
 ・SqlCommand.ExecuteNonQuery メソッド
  接続に対して Transact-SQL ステートメントを実行し、影響を受けた行数を返す
■ System.Data.DataRow DataRow クラス
 DataTable 内のデータ行を表します。
 ・DataRow.Delete メソッド (System.Data)
  DataRow を削除します
■ System.Data.DataSet DataSet クラス
 データのメモリ内キャッシュを表します。
■ System.Data.DataTable DataTable クラス
 インメモリ データのテーブル 1 つを表します。
■ System.DataSet.Tables プロパティ
 DataSet に格納されているテーブルのコレクションを取得します。
■ DataTable.Rows プロパティ
 このテーブルに属する行のコレクションを取得します。
 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.data.datatable.rows%28VS.80%29.aspx
--------------------------------------------------------------------------------
SQLite
■SQLiteConnectionStringBuilder
 接続文字列の生成。
■SQLiteDataAdapter
 DataSet/DataTableとのやり取りに使用。
  ・Fill メソッド
   データベースから読み込み
  ・Update メソッド
   データベース更新
■SQLiteCommandBuilder
 UPDATE/INSERT/DELETE文の自動生成。
 SELECT文設定済みのDataAdapterが必要。
参考:
SQLite+DataSet+αなメモ。

28. 1月 2010 von adminmem
カテゴリ: プログラミング |

コメント

コメント投稿

Required fields are marked *