Windows7 でのMBR修復方法

Windows7が起動できなくなってしまった場合の対処方法メモ

image

Windows7のインストールディスクを入れて修復ツールを起動。
まずは自動修復を試みる。

自動修復を実行しても起動できない場合や、システム修復オプションのコマンドプロンプトから "bootrec /fixboot" と入力しても「要素が見つかりません」と出て失敗する場合は以下の方法を試みる。

手順1. MBR作成するためのパーティションアクティブ化

1. Windows7のインストールディスク挿入→セットアップ画面へ
2. 左下の「コンピュータを修復する」をクリック
3. システム回復オプションでコマンドプロンプトを開く
4. "diskpart" コマンドを入力
5. "list disk" コマンドを入力 → OSが入ってるディスク番号を覚えておく
6. "select disk ディスク番号" コマンドを入力
7. "list partition" コマンドを入力 → OSが入ってるpartitionの番号を覚えておく
8. "select partition ディスク番号" コマンドを入力
9. "active" コマンドを入力
10. "exit" コマンドを入力

手順2. MBRを作成する

1. "bootrec /fixboot" コマンドを入力
2. "bootrec /fixmbr" コマンドを入力
3. "bcdedit" コマンドを入力して、内容を確認してみるとよし。
4. "exit" して再起動 → Windowsが立ち上がれば成功

上記を試しても立ち上がらない場合

上記作業後に改めて自動修復を試みると、リストにOS一覧が表示されるようになった。
その後、再起動してOSが起動可能になった。


その他の情報

インストールディスクがない場合、メーカー製PCの場合?などはPC起動中のF8キーを何回か押して拡張ブートオプションを開くことで「コンピュータの修復」をクリックしてシステム回復オプションに行けるかも知れません(未確認)

18. 4月 2011 von adminmem
カテゴリ: パソコン |

コメント

コメント投稿

Required fields are marked *