Bluetooth環境を構築しよう

あらゆるデバイスでSkype通話ができるようになり、無料でどこでも電話のように会話することが当たり前になって来ました。

Bluetoothヘッドセットがあれば、両手が空きますのでPCを操作しながらの会議や長時間の長電話でも苦にならず会話をすることが可能。

Bluetooth非搭載のパソコンでも1000円程度でUSB親機(ドングル)が買えますので、ブルートゥース対応の障壁はとても低くなってます。

Bluetoothヘッドセットは良いものを買っておきましょう。せめて3000円以上のものを。1000円とか2000円の安いヘッドセットを買うとノイズや相性で苦労します。。

良いものを一度買ってしまえばほとんどのデバイスで使い回しができるので損をすることは無いでしょう。

■ブルートゥース ドングル選び

いろんなメーカーから出ていますが、中身はどれもほとんど同じチップのようです。

とりあえず最新のBluetooth Ver 3.0 EDR 対応のものを買っておけば良いでしょう。

3.0でも、Class1/100m と Class2/10m のものがあります。
違いは通信距離ぐらいですので、Class1/100mを買っておけば良いです。

消費電力はBluetoothはチップが自動的にRSSIを取得して相手デバイスとの通信距離を測って、
適した電波出力で通信するようになっています。通信距離で消費電力も増減するため、Class1の方が大幅に大きいということもありません。

■ブルートゥース ヘッドセット選び

1万円ほどの効果なものもありますが、3000円代で定評のある製品を紹介

【正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M20

Bluetooth 3.0+EDRに対応したワイヤレスヘッドセット。

左右どちらの耳にも快適にフィットするよう設計されており、本体重量、約11g。長時間でも快適。
ノイズキャンセリング機能「WindSmart」を搭載。通信距離は最大約10m。
連続通話時間約11時間、連続待受時間約16日間という長時間バッテリー駆動を実現している。

ソニーエリクソン ワイヤレスヘッドセット (ブラック) VH410/B

Bluetooth V2.1+EDR
左右どちらの耳にもしっかりフィット。エコーキャンセル機能とノイズリダクション機能搭載。
* マルチポイントに対応、2台の携帯電話と同時接続可能
* 8台までの機器が登録可能なマルチペアリング対応
* 通話時間:最大10時間、待ち受け時間:最大350時間

10. 12月 2011 von adminmem
カテゴリ: パソコン, 携帯・スマートフォン |

コメント

コメント投稿

Required fields are marked *