子ども用見守りスマホ Hamic POCKET まとめ

公式や関連記事見ても説明が長くてメリット・デメリットが判断しにくいのでまとめる。

特に重要な部分が重要事項に小さく記載されているだけで分かりにくい

重要な注意点

・データ通信だけなので、音声通話やSMSは利用できない(つまり電話番号での通話やSMSはできない)

・データ通信だけなので、当然110番通報などの電話ができない

・Hamic POCKET専用アプリを使用してデータ通信で音声通話やメッセージのやり取りを行う

・Android専用なので親がiPhoneを使用している場合、Hamic POCKETとやりとりはできない

なので、大手キャリアが提供しているキッズスマホ、キッズケータイのようなものを想定している場合、上記デメリットがあるので注意が必要。

結局どうすればよいか

・親が大手3キャリアで契約している場合

子ども用スマホとプランが提供されているのでそれを利用するのが一番簡単(品質、サービスともに実績があるので困ることは無い)

・親が格安SIMでiPhoneもしくはAndroidを利用している場合

子供も格安SIMで親がiPhoneなら子供もiPhoneにしてファミリーアカウントを作成して普通のスマホとして利用させる。

フィルタリングや位置情報確認、アプリのインストール制限はAppleやGoogle側が保護者が制御できる仕組みを用意しているのでそれを使う。

ということで、Hamic POCKETを検討したが、金額できにも月額1100円ならIIJのギガプラン(データ+SMS+音声)の2GBで858円にしたほうが絶対に良いことがわかった。

2021年4月9日 | カテゴリー: 携帯・スマートフォン | コメント

Evernote windows で起動しても真っ白で何も出ない時

Evernote windows でノート一覧が真っ白で何も出なくなったときの対処法

タスクマネージャー(Ctrl + Shift + Esc)を起動して「詳細」タブでEvernote.exeを右クリックしてタスクの終了をしてから起動しなおせば直る。

image

それでも駄目な場合はOS再起動する。

2021年4月2日 | カテゴリー: その他 | コメント

FireTV で登録した U-NEXTの30日無料体験後の自動課金停止方法

FireTVではメールアドレスなどの登録不要で簡単にU-NEXTの30日無料体験登録ができる。

しかし、FireTV上のアプリから登録後の自動更新を停止する方法が無い罠がある。

Amazon のアカウントページから自動更新を停止(定期購読の停止)できるのでそこからおこなう必要がある。

やりかた

1.AmazonのWebページにログイン>アカウントサービス

2.アプリライブラリと端末の管理 ] を選択

3.[ 管理 ] > [ 定期購読 ] を選択

4.U-NEXTの「アクション」[ 自動更新をオフにする ] を選択すると解約できる

 

最近のこの手のサブスクリプションサービス(自動更新)は決済するサービス毎に紐付いていて管理や解約方法が非常にわかりにくい。

逆に運営側からすると一度自動更新まで登録させれば、知らない間に継続して課金できるのでおいしい。いかに情報リテラシーの低いいわゆる情報弱者の主婦や老人をターゲットにしてうまく誘導して登録させられるかが工夫のポイントにもなっている。

キャプチャ

2021年3月27日 | カテゴリー: インターネット | コメント

WindowsとMacでウィンドウ操作を劇的に快適にするテクニック

まずWindows10から


1. ウィンドウを瞬時にスナップして配置する(標準機能)

ウィンドウを移動しながら上左右端にマウスをドラッグして持っていくとスナップモードに切り替わる。

キーボードのショートカットでも可能。

Win + 上左右キーで最大化したり右半分に最大化したりできる。

Win + 下で最小化。Win + Shift + 上でその場で上下のみ最大化。

最初は戸惑うが一度覚えると、出来ないのが不便に感じるぐらい快適になる。

anigif

2. サブモニタにウィンドウを移動させる

Win + Shift + 左右


3. 適当な所でドラッグしてウィンドウ移動とウィンドウサイズ変更を可能するアプリ

Image result for AltDrag windowImage result for AltDrag window

AltDrag という無料のフリーソフト

タイトルバーにマウスを持っていったり、Window端に慎重にマウスポインターを合わせずにウィンドウ操作が可能になり劇的に快適になる。

Alt + 左クリック + ドラッグでウィンドウ移動、Alt + 右クリック + ドラッグでウィンドウサイズ変更が可能になる。

特定のアプリ使用時のみ無効化する設定も可能。その他ホイールでウィンドウの透明度を変更などの機能も搭載。

https://stefansundin.github.io/altdrag/

Microsoft 公式の機能拡張アプリ PowerToys に含める事が検討されている

https://github.com/microsoft/PowerToys/issues/269


Mac OSX 編

MacではBetter Touch Tool という有料の定番ソフトを使うことで上記の機能が実現可能

https://folivora.ai/

bettertouchtool_snap

無料でいくつかの機能が実現できるものもある

 

その他

WindowsのPowerToys では他にも便利なアプリが複数提供されている

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/powertoys/

Windowsで実行中のプロセス名から検索できるWindow walkerという機能は PowerToys Run という Mac の Alfred によく似たアプリに統合された

https://github.com/betsegaw/windowwalker/

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/powertoys/run

2021年2月6日 | カテゴリー: ソフトウェア | Tags: , | コメント

ScanSnapのショートカットキー(Ctrl + Shift + Space) を無効化する

5年以上使っていて初めて気がついたが Ctrl + Shift + Space でスキャンスナップのアプリが起動してしまう。

しかも設定から変更できない。調べてみると SsCommon.cfg というファイルがあり、それを編集することで無効化できるそうだが、そんなファイル無かった。

C:\Users[ユーザ名]\AppData\Roaming\PFU\ScanSnap の直下に置かれているそうだがなかった。

どうも、 PfuSsMon32.cfg を編集するケースもあるらしい。

無効化の手順は以下の通り

タスクトレイの ScanSnap Manager を右クリックして[終了]

  1. C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\PFU\ScanSnap\PfuSsMon32.cfg というメモ帳などでファイルを開く
  2. [CONFIG_C]のすぐ下に IsRegist_HotKey=0 という内容を追記して保存
  3. ScanSnap Manager を起動して常駐している状態で Ctrl + Shift + Space を押しても何も起きなければ成功

 [CONFIG_C]
 IsRegist_HotKey=0

こんな感じ

image

ちなみに使用している機種は ScanSnap S1300i だったが、他の機種でも同様だと思われる。

PFUって何かと今更思ったが、元は株式会社PFUで現在は富士通の完全子会社になったことで富士通 PFUと表記されるようになった経緯がある。

富士通製品だと思ってた。

2021年2月4日 | カテゴリー: ソフトウェア | コメント

← Older posts

Newer posts →