ショッピングサイトの価格、UIなどを比較してみる

電気敷き毛布とノート用15.4インチ液晶保護フィルムが欲しくなったので、いくつかのサイトで価格と評判を比較して購入することにした。
その際の、サイト全体のレスポンスやユーザインタフェースのまとめ。
まずは、価格.comで最安値と評判を調べてみてから、Sofmap、ECカレント、Amazonを候補にショッピングカートに電気敷き毛布と液晶保護フィルムを入れた。
■Sofmap.com
sofmap_shop1.jpg
PC専門のイメージがあるがも家電も扱っているため、よく利用するサイト。
価格.comの電気敷き毛布カテゴリの広告バナーから誘導されて来た。
昔に比べればレスポンスは改善されているが、商品の探しにくさは相変わらず。
キーワード検索の結果が不親切でいつも苦労する。
送料が1000円以上で無料になるというのは、わかりやすい。
注文確定の直前まで配送料・手数料が表示されないのは不親切。ユーザーを不安にさせる。
しかし、目的の商品が二つとも「お取り寄せ」で価格は合計5,060円(659ポイント)。
■ECカレント
eccurrent-shop.jpg
価格.comで最安値だった。ユーザーインタフェースはしっかりしていて探し安い。
しかし、急にレスポンスが遅くなることがあり商品詳細を見るのに10秒以上待たされることがあった。
全体的に価格は安いが、いざ注文しようとすると配送料が2,000円。
結果的にSofmapより高くなってしまった。
8,000円以上で送料は無料になるが、今回は合計で5,805円(18ポイント)。
■Amazon
amazon_shop1.jpg
Amazonの価格は商品によって高かったり安かったりと差が激しいが今回は安かった。
ユーザーインタフェースはさすがで、レスポンスも完璧でキーワード検索から対象商品を絞り込んで比較もしやすかった。ユーザーレビューが見られるのもやはり便利。
在庫のある商品も多く、今回の注文ではAmazon primeの無料体験期間もあって翌日到着するというスピード。
合計3,714円で圧倒的安さだったため、今回はAmazonも購入することにした。
■楽天(おまけ)
今回はジャンルの異なる商品が購入目的だったため、楽天は候補にいれなかったが、商品の詳細がもっとも詳しく紹介されていることが多いので今回も役に立った。
マイナーメーカーの商品が画像付きで紹介されているのは楽天の強みかもしれない。
ただし複数の商品を購入する場合、注文先がばらばらになってしまうので実際には別々の店で購入することになり、送料や決済の面で不利になる。
■まとめ■
AmazonがECサイトとして、いかに優れているかが再認識させられた。
価格だけでなく、配送スピード、ユーザーインタフェースの面で、他のECサイトと圧倒的な差が感じられた。
配送スピードと価格は、他社で簡単にマネできるようなものでは無いのでどうしようもないかも。
資料によるとAmazonの表示速度はそれほど速くないが、それが機会損失を生むほどストレスを感じるということはなかった。
関連資料:
「ボーナス商戦(2009年冬)ECサイト表示速度ランキング」

03. 1月 2010 von adminmem
カテゴリ: その他 |

コメント

コメント投稿

Required fields are marked *