リモートデスクトップ「アカウントの制限によってログオンできません。」

Windowsのリモートデスクトップ接続時のエラー。
エラー メッセージ : アカウントの制限によってログオンできません

アカウントの制限によってログオンできません。

■対処方法:
ポリシーを使用して、空のパスワード制限を無効にすることができます。 このポリシーを見つけ、変更するには、以下の手順を実行します。
1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をポイントして、gpedit.msc と入力し、[OK] をクリックして、グループ ポリシー エディタを起動します。
2. "コンピュータの構成\Windows の設定\セキュリティの設定\ローカル ポリシー\セキュリティ オプション\アカウント: ローカル アカウントの空のパスワードの使用をコンソール ログオンのみに制限する" を開きます。
3. [ローカル アカウントの空のパスワードの使用をコンソール ログオンのみに制限する] をダブルクリックします。
4. [無効] をクリックして、[OK] をクリックします。
5. グループ ポリシー エディタを終了します。
注 : デフォルトでは、このポリシーはオン (有効) になっています。
■参考リンク
エラー メッセージ : アカウントの制限によってログオンできません
リモートデスクトップのアカウント制限解除
キーワード:リモートデスクトップ パスワード 空白

06. 3月 2010 von adminmem
カテゴリ: パソコン |

コメント

コメント投稿

Required fields are marked *