キーボード比較 メモ

キーボード選びメモ
・一般的な低価格の109日本語キーボード(メンブレン)
 ◎メリット
  ・体が慣れていてどのメーカーであっても使いやすい。
  ・安い
 
 ×デメリット
  ・特になし(強いて言うなら付加価値が無いこと)
・マイクロソフトのエルゴノミクスデザインのキーボード全般
 ◎メリット
  ・メディアキー・ファンクションキーが便利。
  ・人間工学に基づいた手に負担のかかりにくいデザイン。
  
 ×デメリット
  ・でかい。
  ・慣れてしまうと他のキーボードが使いにくくなる。
  ・キータッチとかはいまいち。
  ・キーの配置や間隔、ファンクションキーが変なことが多い。
・ELECOMの日本語86キー配列(JIS X6002に準拠) TK-FCM005
 ◎メリット
  ・ちいさい。
  ・キー配置が一般的なノートのキーボードと同じで良い。
  ・安い。
 
 ×デメリット
  ・キータッチいまいち。重い。(値段相当)
・Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000
 ◎メリット
  ・薄い。軽い。ワイヤレス。デザイン良い。
  ・パンタグラフでキータッチが結構軽い。
  ・ワイヤレステンキーのセットは良い。
  ・Bluetoothなので受信機の追加が不要
 
 ×デメリット
  ・エルゴノミクスで慣れないと打ちにくい。
  ・全体的には良いが、ELECOMのTK-FCM005と比べるとホームポジションから手の位置を動かさないと指が届かないキーがあった。「7」とかは指を伸ばすだけじゃ届かない。
  ・BluetoothなのでデスクトップPCでは別途予備のキーボードが必要。
  ・傾斜角度を変えられない(平べったいまま)
  ・左Ctrlの隣にFnが無い。慣れないとかなり使いにくい。
・TK24G-04
 ◎メリット
  ・ワイヤレス、トラックボール、マウス用ボタン、ホイール付き。
  ・キー配置が一般的なノートのキーボードと同じで良い。
  ・キータッチ若干軽め。Micosoftのパンタグラフよりかは重い。
 ×デメリット
  ・無線が混信することがある?
  ・Fnとテンキーの組み合わせが正しく動作しない(何故かNumLockが反映される仕様)
  ・デザインダサイ
  ・音量の調節ボタンが何故か左:音量アップ,右:音量ダウン
  ・傾斜角度を変えられない(角度がついたまま)
  
メモ:
ToshibaのDynabook 3527CMSあたりのキーボードのストロークが結構打ちやすい。

16. 4月 2010 von adminmem
カテゴリ: パソコン |

コメント

コメント投稿

Required fields are marked *