CFD SSD CSSD-S6M128NM4Q ファームウェア 000F にアップデート

Crucial m4 SSD、CFDの「CSSD-S6M128NM4Q」用のファームウェアアップデート000Fを行ったメモ。

バージョン0309と000Fの間の変更点

・特定のSASエクスパンダと周辺のRAIDカードとの互換性の向上。
・非常に重い負荷の下でのスループットの安定性を改善しました。
・予期しない、非同期の電力損失が発生した場合に改良されたデータ保護を提供します。

今回からファームウェアアップデート用アプリ版とISO版の2つが提供され、アプリ版ではダウンロードしたexeからアップデートが可能。

IDEモードにしておかなくてもAHCIのままでもアップデート可能だった。

「Continue」ボタンを押すと強制再起動後にアップデートが始まる。

m4-000f

黒い画面に白い文字が出て勝手に該当SSDの検索とファームウェアアップデートが行われるので放置しておけばOK

「Fnished.」の文字が出たあとも放っておけば勝手に再起動される。

image

Windows再起動完了後に、「新しいデバイス云々~」の再起動を促すダイアログが出るので再起動すれば更新完了。

■ダウンロードリンク

http://www.crucial.com/support/firmware.aspx

Choose a Product で「Crucial m4 2.5-inch SSD」を選択してdownload firmware を選択。

download firmware - 000F

27. 5月 2012 von adminmem
カテゴリ: パソコン |

コメント

コメント投稿

Required fields are marked *