Unityを無料ではじめる

ゲーム開発ツール Unity 、無料で使える。

インストールして起動すると Register ボタンが表示されるので押す。

image

"Internet Activate"を選択するとブラウザページが開くので、とFreeボタンがあるのでクリックすると無料登録完了。

image

GameObject > Create Other からポリゴンのオブジェクトを追加できる。

image

スクリプトの作成は Assets > Create から行う。

image

専用のエディタでスクリプトが開かれる。

Start()はオブジェクトが呼び出された時に実行される。 Update()は毎フレーム実行される。

image

こんなコードを追加してみる。

function Update () {
    transform.Translate(1, 2, 3);
}

このコードとオブジェクトを関連付けるのはどうすればいいんだろうと思ったが、スクリプトファイルをオブジェクトにドラッグしたら関連付けられた。すごい直感的だな!

image

再生ボタンを押して見る。

image

ものすごい勢いでCubeが飛んでいったw

Unity - オブジェクトを移動させてみる

 

とりあえず、オブジェクトを設置してカメラや光源などを設定して、オブジェクトをJavaScript制御できるようになった。Unity簡単!素晴らしい!

16. 6月 2012 von adminmem
カテゴリ: プログラミング | タグ: |

コメント

コメント投稿

Required fields are marked *