Mach Xtreme 1.8インチ IDE SSD 30GB レビュー

今更ながら、Mach Xtreme Technology MX-NANO 1.8インチ IDE 50pin MLC-SSD 30GB (MXSSD1MNANO50-30G) のレビュー

希少な東芝製50pin IDEのSSD。コントローラは eastwho搭載 なので、JMicronのJMF601,602に比べればプチフリの心配が無く安心。

現行SSDに比べるとMXSSD1MNANO50-30Gは割高だが、今後も今より安くなることはなさそう。

  • 型番:MXSSD1MNANO50-30G 容量:30GB キャッシュ:64MB
  • インターフェイス:1.8インチ 50pin IDE TRIM:Windows7 TRIMコマンド対応
  • Garbage Collection:Garbage Collection対応 サイズ:約74.5 x 54.0 x 5.0mm (LxWxH)
  • コントローラー:eastwho 読込転送速度:最大:120MB/s 書込転送速度:最大:65MB/s
  • 電源:DC 3.3V / Stand-by 0.5W Active 1.3W 対応OS:Windows7 / Vista / XP / DOS 保証期間:1年保証

LOOX P8230に取り付けてCrystalDiskMarkにてベンチマーク。

もともと搭載されていた 1.8インチ IDE HDD 東芝 MK8007GAH ↓

image

MXSSD1MNANO50-30G のスコア↓

MXSSD1MNANO50-30G Crystal Disk Mark ベンチマークimage

■LOOX P8230のSSD交換

リカバリDVDからクリーンインストールすることにした。領域設定しないとセットアップできないと言われるので領域設定する。

Cに30GB全てを割り当てたかったが、何故かできないのでC:15GB,D:12GB構成になった。

途中、アプリケーションディスク2を入れて下さいと言われるが無視しても問題なし。リカバリ作業は30分以内に完了。

全体的に1.8インチHDDのもっさり感が解消されかなりマシになった感じ。Windowsアップデートなどの頻繁な書き込み時も遅くなることは無かった。プチフリも無し。

■WindowsXPマシンでのSSD用の最適化

SSDの容量が少ないためHDDの空き容量を増やし、できる限り書換回数を減らすためのチューニングに参考になったページ

ページングファイルの無効化、システム復元機能の無効化、休止の無効化、デフラグ禁止、RAMディスクの活用など

創作メモ SSD換装 & Windows XP向けSSD用設定

キャッシュファイルのRAMディスク化でGoogle Chromeを高速にする|いちの日記(チラシの裏)

10. 7月 2012 von adminmem
カテゴリ: パソコン |

コメント

コメント投稿

Required fields are marked *