Google Chrome のCPU使用率が異常

Google Chrome を最小化させていると、CPU使用率が異常に高くなっている時がある。

Google Chrome をアクティブにして操作すると、CPU使用率が低くなるためアイドル時(未操作時)になんらかのプログラムが走っているような挙動。アイドル時に最適化か何か行なっているのだろうか。

大抵の場合は一時的なものですぐに元に戻るが、たまに長時間にわたってCPU使用率が50%~100%程となり高いままの状態に陥る。

動画サイトはおろか、重いサイトを開いているわけではないのだが原因は不明。ちなみにバージョンは14.0.835.202。2011/10/28現在で最新版。

image

28. 10月 2011 von adminmem
カテゴリ: ソフトウェア |

コメント

コメント投稿

Required fields are marked *