【解決済み】Windows10 でコミット済みが増え続けてソフトがクラッシュする不具合

ある時からしばらくPCを立ち上げていると、メモリ使用量のコミット済み容量が増え続けてリミットに達し、ExplorerだけでなくChromeなどのソフトがクラッシュするようになった。

イベントビューアーを見ると、各アプリケーションがエラーになる前に仮想メモリ不足のポップアップが出ているようだった。

PCを触っていない時、何かが原因で異常にメモリを食っているようになっている。

結論を先にいうと、

Windows 10 の Update で最新の状態にしたら直った。

 

特定のアプリケーションの問題ではなく、2020年1月頃のWindows Updateにより不具合が起こるようになっていたようだ。

「Windows - 仮想メモリ不足  Message システムの仮想メモリが少なくなってきています。」

image

image

システムコミットを見ていると徐々に増え続けリミットの64GBまで達しようとしている。

Image

常駐アプリを一つずつ終了していくと、LG の OnScreen Control を終了した途端システムコミットが大幅に減少した。

原因はこのアプリケーションのようだが、LG の OnScreen Control の問題というよりは、Windows 10 の特定の機能を利用しているソフトウェアが影響を受けるOSの不具合だったのかもしれない。

image

image

06. 2月 2020 von adminmem
カテゴリ: ソフトウェア | タグ: |

コメント

コメント投稿

Required fields are marked *