VRが普及しない原因

とにかくお金と時間に対するユーザー体験の対価が悪すぎる。

 

準備が面倒だし、やっとセットアップできたとしても対して面白いコンテンツもない。

一番最悪なのはOculusやSteamを提供しているソフトウェアが不安定すぎて、インストールすらできなかったり、アップデートで動かなくなることが多々ある。

久しぶりにやろうと思ったら強制アップデートやらで何十分もロスした挙げ句、動かない。なんてことは良くある。

しかもそのアップデートは頻繁にある。最近Oculusを新しいマシンにインストールしようとしたら、そもそも最初のセットアップ時点で進めなくなってインストールすらできなくなっていた。セキュリティソフトは全部オフにしてまっさらな状態なのにそれでも駄目。

Oculusのソフトウェア周りは本当に不安定で、おそらく開発者側もこれらが重要な問題だとも気づいていない。

だって、わざわざお金も時間もかけてまでする娯楽でもないし、ユーザーはわざわざフィードバックをして対応を待ってまで支援をするメリットも無い。もっと他の気軽に楽しめるコンテンツがあるのだからVRは選ばない。

VRに関わっている人達はあまりにも盲目的で状況を客観視できていない。自分達が体験しているものや作っているものは対価に見合う素晴らしいものだと信じているのかもしれないが、それはユーザーに届いていない。

こんなもの誰も欲しいと思わない。

image

OVR88948175

ちなみにこのエラーはWindows の user アカウントの問題。フォルダに書き込み権限があろうがなかろうが、D:など別のドライブにしても回避できない。

Windowsの設定からユーザー作成で新しくローカルユーザーを追加して管理者権限を付与してサインインすると解決出来ることがある。

一度うまくインストールできなかったユーザーアカウントではエラーを回避することはできなくなるので削除するしかない。

「レジストリを削除して云々~で解決した」みたいな書き込みもあるが多分関係ない。

15. 7月 2021 von memo-log
カテゴリ: ゲーム | タグ: |

コメント

コメント投稿

Required fields are marked *